看護師への道のり

看護師への道のり

今、医療現場は大変な医師、看護師不足に悩まされています。地方の病院では、この医師不足が原因で、患者が満足な治療を受けられない状況に陥っています。だからこそ、看護師の需要はますます拡大しているのです。では、看護師になるにはどのようなステップを踏んで行けば良いのでしょうか。まずは正看護師への道のりです。まずは高校を卒業した後に、国が定める看護養成施設にて3年以上の修業が必要になります。その活動が認定されれば国家試験の受験資格が得られるのです。医療関係の仕事に就くためには、総じてこの国家試験に合格する必要があります。国家試験を突破することでようやく看護師としての業務を行うことができるのです。なお、ここでいう看護養成施設とは主に、医学部看護学科などが設置された大学、看護養成設備が整った専門学校などを指します。国家試験は難しいイメージがありますが、看護養成施設での修業中に確実に習得することができる内容なので、専門施設での学習を経た人にとっては難しい訳ではなく、合格率も9割以上となっています。また、これよりもゆるい基準で資格を得ることができる場合があります。それが准看護師です。この職業は医療行為のサポートが可能なのですが、医師の判断がなければ業務を行うことができません。しかし、中学校卒業時点での専門施設入学でも国家試験の受験資格を得ることができます。この場合には昼間であれば3年、夜間であれば4年で資格を得られます。何れにせよ、遠く険しい道のりになるかもしれませんが、根気良く続けて未来の医療を支える存在になって欲しいです。