看護師の結婚相手

看護師とは病気やけがで入院している患者が入院生活を過ごしやすいように、 日常生活の援助やケアを行う職種のことで、男性に比べて女性が圧倒的に多いです。看護師は国家資格のため、結婚や出産で辞めても再就職し易いというメリットもありますが、総合病院などで働く看護師は通常夜勤勤務があり、体力的、精神的にも大変な職種といえます。このような体力的、精神的に大変な仕事をしている人の結婚相手としてふさわしいのは、看護師という特殊な仕事への理解がある人です。例えば、一般的な定時で帰れる職種と異なり夜勤勤務があるため食事の支度ができなかったり、一緒に食事ができないことがしょっちゅうある、夜勤勤務明けでは、昼間でも睡眠を取らなければならないので、一緒に過ごせる時間に制約ができるなど、一般家庭の生活スタイルとは異なる生活になることが理解しなければなりません。このような生活が一時的なものでなく、働いている間はずっと続くわけです。結婚相手の理解がないと、初めはよくても徐々にすれ違いの生活が増えることでトラブルも出てくることでしょう。また、看護師は毎日病気やけがをした患者と接するだけでなく、女性社会で働いているため、個人差はありますが精神的に強い人が多い傾向にあります。頼もしく、頼れるイメージがあると思いますが、やはり家ではパートナーに甘えたり優しくしてもらいたいのは誰でも同じです。看護師に限らず結婚相手を敬う気持ちや思いやりは欠かせません。