看護師に向いている人

看護師に向いている人

看護師という仕事は、基本的に立ち仕事であり、日勤や夜勤といった不規則な勤務体系となっています。また、休日であっても人手が足りない時には緊急で呼び出されることも多いので、基本的には木の休まらない仕事です。また、常に人を相手にするという一種の接客業も兼務しなければならないので、精神的にタフな人がこの仕事には向いている人だとされています。たしかに、病院を利用する人の大半が何らかの疾患にかかっており、そのような患者に対しては常にあかるく接することを求められます。どちらかと言えば楽天的でありながら感情的の切り替えができ、さらには責任感の強い人がこの仕事に向いているといえるでしょう。大病院では配属される場所によっては入院患者と接する機会が増えます。入院患者の前でも明るく接し、病院のムードメーカーとして勤務することが求められることがあります。病院ではできるだけ笑顔で患者と接することが求められるので、気丈さが必要な仕事でもあるのです。
病院は患者をケアし治療する施設でありますが、そこで働く人達には健康であることが求められます。先にも述べたように、看護師の仕事は勤務形態が不規則であり、さらには精神的にも肉体的にもきつい職業です。そのため、激務をこなすためには体力があり、健康管理が出来る人材が求められます。看護師は医師よりも患者と接する機会が多いため、コミュニケーション能力が高く、くよくよしない人が向いている職業です。