看護師 受験資格

看護師になるための受験資格

看護師は女の子の人気の職業の一つです。その門戸は広く開かれ、高校卒業後に専門学校、短大、大学と様々な養成コースで看護師としての道を歩むことが出来ます。そのためには受験をして看護学校に入学する必要があるのですが、医者の養成コースとは異なり科目数がかなり少ない場合もあります。そういった意味では受験資格はほとんどの高校生が持っているともいえます。
その後看護学校で勉学に励むことになるのですが、その後は例外なく看護師国家試験を受験することになります。どのような学校で学ぼうと、この試験に受かるか否かが全てです。試験に合格することで正看護師の資格を手に入れることが出来、不祥事を起こさない限りは一生物の資格となります。
看護師国家試験の受験資格は、国の定める養成過程を通過する必要があります。そのため、どの学校に通ってもそれぞれの特色があると入っても共通した科目を落第することなく履修していく必要があります。良くある文系大学生のようなルーズな大学生活ではなく、自動車学校のように細かく出席がチェックされる規律正しい課程を経て初めて国家試験の受験資格を得ることになります。
看護師は女性の仕事というイメージが強いですが、男性も受験することは可能です。男性が求められる精神科病棟というものもありますので、その門戸は決して閉じていません。女性のように働くのは難しいかもしれませんが、男性にも同じように門戸が開かれているのは事実です。