看護師 情報

 

看護師になるための予備校も

看護師になるための第一段階として看護学校に入る必要があります。
看護師の国家試験は誰でも受けられるのではなく、看護学校で教育を受けて国家試験に合格する学力があると学校に証明された人でなければ受けられないのです。
ですので看護学校に入るのは必須なのです。
しかし看護師になるための学校は偏差値の非常に高い学校もあり、なかなか簡単には合格できません。
現役で看護学校に合格したい方のための予備校もあります。
ここでは看護学校に合格する為の受験勉強を集中的にすることができるのです。
ですので多くの方が利用しているのです。
また普通の予備校に看護学校コースなどを併設しているところもあります。
同じ道を目指す人ばかりが集まる予備校ということもあり、お互い励ましあいながら勉強ができるというのも魅力的なといろなのです。
そして集中的に看護学校に入るための勉強ができるということで当然看護学校への合格率も上がるのです。
現役の高校生のためのコースもありますが、浪人生のためのコースもあるのです。
現役と浪人と別々にしているところですと浪人の方が快適に昼から勉強が出来ます。
どこのスクールを選ぶのかも合格には大きく関わってきますのでしっかりと選ぶ必要があります。
通いやすいこともとても大事なのですが、口コミなども参考にしてみてください。独学で勉強をするよりも合格に近くなります。
殆どの方は利用していますので自分もライバルに負けないように入って勉強をしてください。

看護師国家試験の合格ライン

看護師を目指している人は数多くいますが、正規の看護師になる前に身につけておくことはたくさんあります。現場は患者にとってはどの病院スタッフも同じですから、わからないでは通じません。ですから、しっかりと学んでおく必要があります。看護師になるためには認可の専門学校や大学に通った上で、国家試験に合格しなくてはなりません。その試験は年に1回実施されます。知識と技術面の知識から幅広く出題されますので、普段から真剣に取り組み、試験対策も重要になってきます。この国家試験は地道に学んでいれば決して難しい難関試験ではありません。合格率も毎年80%台後半から90%台前半となっており、やっただけの結果が表れる試験だと言えます。試験の内容は大きく分けて必修問題と一般問題と状況設定問題から成っています。必修問題では合格ラインは50問中40問と8割が条件になっています。これは毎年同じラインです。一方、一般問題と状況設定問題では受験者全体の点数から合格ラインが決められる相対評価になっています。ですからハッキリと点数は決まっていません。しかし、毎年の平均を見てみると、60%台中盤の割合でとれていれば合格となる可能性が高いです。両方のラインを上回るように対策をとって、しっかり回答出来るようにしなくてはなりません。看護師として最低限知っておきたい知識や対処法ばかりですので、きっちりと身につけて合格ラインを突破してスタートラインに立ちましょう。